最近のトラックバック

« 新国立劇場バレエ『白鳥の湖』( 2/22) | トップページ | パリ・オペラ座バレエ団公演『ドン・キホーテ』 »

ABT公演『マノン』

ABT公演『マノン』
もうっ!この週末も東京は雪ちらつき予報が出てましたけどっ!
なんとか降らなかったわ。
もう春なのね♪

今週、月曜日にチケットを取った同公演。
あの席種はない、この席種でここはどーか?…と迷って取った割には、行ってみたら席がスカスカでした。
団体が入ってコレ?
うーん、何かが違う???

さて、この日のキャストは
 マノン…ヴィシニョーワ
 デ・グリュー…ゴメス
 レスコー…シムキン
 (以下、略。)

ヴィシ…ソチ五輪であのちょーポップアートな白鳥の衣装を着て踊った訳だけど、ショックとか残ってないだろうか?心配〜(´Д`)
(あれは、ロパートキナが断ったのではなかろうかと想像した!)

まあ、そんな心配も全然ありませんでした!

ファムファタルな女をストレートに演じて、違和感無し!
今までのダンサーの解釈を吹っ飛ばした、見事なあばずれ女でした〜!
お金や欲望…全て受け入れている(自称)16歳でしたよ。

デ・グリューが神に誓った清い愛を説いても、多分、理解出来なかったのでは???
死の間際まで追い詰められて、初めて、欲望以外の世界を知ったマノン。
きっと神様の元では、愛の本質を噛み締めることが出来たのではないかなぁ?

ゴメス、とっても好演♪
でも、カードの出し方がへたかも〜〜〜?
きっと、本人も真面目なんだろうな。

シムキンは踊りは素敵でした。
爪先まで綺麗で…うっとり。
でも、まだヴィシの「アニキ」じゃなかったわね。
マノンに頼み事するにも、何処か下手。

全体的にステキな公演でした。
日本ではあまり上演のない作品なので、もう少しお客さんが入ると良かったのに。
英国ロイヤルとは違った、爽快感のある群舞も見応えがありました!

« 新国立劇場バレエ『白鳥の湖』( 2/22) | トップページ | パリ・オペラ座バレエ団公演『ドン・キホーテ』 »

バレエ(見るほう)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493977/55190836

この記事へのトラックバック一覧です: ABT公演『マノン』:

« 新国立劇場バレエ『白鳥の湖』( 2/22) | トップページ | パリ・オペラ座バレエ団公演『ドン・キホーテ』 »