最近のトラックバック

« 全日本フィギュアスケート選手権(12/24) | トップページ | 書き(描き)初め »

2016年おおつごもり

20171229
↑右周りに、赤、泡、冷、冷、泡!


2016年もおおつごもりを迎えました。
今年も色々な方にお世話になりました。
御礼申し上げます。
来年もよろしくお願いします。


さて、おおつごもりということで、恒例の(本当か?)振り返りです。
どうせ、バレエとフィギュアスケートとジャイアンツくらいのことしかありませんけど。
しかもすでにお酔っ払いなので、暴走するかもですが。
ちなみに上の写真のラインナップで年越し予定ですが、この写真を29日にSNSで友達向けにupしたら、案の定「いいね!」付きました。
今日はおおつごもりなので、右回り2番目泡を飲んでます。(赤は、昨日お試ししちゃった~)
ああ、すでに暴走しちゃったよ。
お酔っ払い、仕方ねーなー。



1 バレエのこと

んんん~。今年はあまり行かなかった方ではないでしょうか。
手帳に書いてある分で数えたら、16回くらい???
今年は秋に職場異動があり急に忙しくなったので、オン・シーズンに入ってチケット買い増ししていないのが一因だと思います。
(ちなみに、現在は手帳に予定を書く時間もなく、iPhoneに喋ってGoogleカレンダーに予定を読み込んでもらってます。情けない…)


2016年で一番良かった公演は、3月のハンブルグ・バレエ団公演(3演目)でした。
感想はブログにupしているので、興味のある方はそちらをご覧ください。


今年後半の公演感想は、ほとんどup出来なくてすみません。
久々に見たKバレエ・カンパニー公演くらいはupしたかったんですが、多忙に負けてしまった…。
『ラ・バヤデール』素晴らしかったですよ。
ただね、前回と全く同じ内容ではなかったんです…記憶違いでなければ。
古林が再演を熱望していた間奏曲が、まるごとなかったの。多分。
バレエと関係のないところでがっかりしてしまった…。
色んな意味で手が加わっていて、もしかしたら上演時間も短縮されていたかもしれません。


確かに、スピーディな舞台展開とか、上演短縮とかは、バレエの命題ではありますが。
ライトなファンは長い上演時間を嫌うので、昔ほどゆったりとした舞台は減ってきている気がします。
劇場には「贅沢な時間」を楽しみに来て欲しいんだけどな。
まあ、それも世の中の流れなのかな。


来年のはなし。
とりあえず、パリ・オペラ座公演『ガラ』には行きます!
同じ時期にフィギュアスケートのジュニア・グランプリが台湾でありますが、ここはPOBでしょう!と、決めました。
活きの良い若手が台頭している同バレエ団。
古林がそのおみあしにうっとりしていたジェルマン・ルーヴェは、スジェからプルミエール・ダンスーズに上がることが決まっていながら、飛び越えてエトワールに任命されました!!!
つい、何日か前ですが、はーびっくり!!!
飛び越え任命は久々ですよね。有名なところでは、ルグリやギエムでしょうか。
ルーヴェのダンスを期待してます。


他のバレエ公演は、予定が空けば通う予定です。
月1ペースは守りたいな~。
じゃないと、フラストレーションが溜まるので。

2 フィギュアスケートのこと


正しくは、羽生結弦選手(ゆづ)のことでしょうか(笑)
今年は、1月にNYOIを日帰りで見に行き、それきりオン・シーズンになるまで生ゆづの姿を見なかったという異例のシーズンでした。
(無理してしまったけれど、見ておいて良かった~!)


今年は、初めてジュニア・グランプリ・シリーズのチケット(SP)に当選し、初めて新横浜アイスアリーナに行きました。
面白い試合でしたね~。
インドの小鹿ちゃん・エルリくんは忘れられない!


東京選手権と東日本選手権も、最終日だけですが、行けました。
ジュニアちゃんの演技が凄かった!
この子たちの中から、将来の日本代表が出てくるんでしょうね。
来年は、西日本にも行ってみたいわ。
(余談:東伏見では、ビール飲めるらしいですよ。さすがに寒くて飲まなかったけど)


GPS・NHK杯にも初めて行けました。
初めてバナーを作って、ゆづの応援をしました(見えてないと思うけど。いいの、自己満足だから)。
『ノッテ・ステラータ』は、GPFと比べてもNHK杯の方が柔らかく包み込むようで素敵だった。
スピンをしながらふわっと羽を羽ばたかせたところ…目の前の現実が、一瞬「幻想」であるかのようっだった。
なんだろう。この感覚。
だから「ゆづ沼」から抜け出せないのかも。
札幌でミニ・オフ会っぽいのができたのも、楽しかったです。


最後は、全日本選手権に2日間行って参りました。
ゆづの5連覇はインフルエンザでならなかったけど、誰が勝者となっても「初戴冠」の男子シングルは見ごたえがありました。
指の先まで白くなるような緊張感。
勝ったのは宇野昌磨選手でした。
フリーが終わって、しょーまがなかなか顔を上げなかったとき、どこか怪我でもしたのかと思いましたが、そうではなく泣いていたんですね。
凄く辛くて、怖くて、やっと解放されて力が抜けたのかもしれない。
だから涙が止まらなかったのかも。


女子は、宮原選手の3連覇。おめでとうございます。
そして、やはり書き留めておかねばならないと思うのは浅田真央選手のこと。
バレエは技術と表現が一致する時期は凄く短く、20代半ば~30代前半が最強だと感じています。
芸術的要素を持つフィギュアスケートもどこか同じにおいがします。
そこをどう乗り切るのか?
バレリーナですと、新たなステージを求めてバレエ団を変わったりします。
もしくは、他のバレエ団公演に参加できる立場であればそうするとか。
そうして自分の可能性や、芸術性を深め、新たな世界を開いていきます。
浅田選手も、もっと自分の可能性を広げても良いのではないでしょうか。
また、彼女は長身ですし、小柄な選手と同じ身体づくりでも大丈夫なのでしょうか。
例えば、バレエでよく見られるエックス脚ですが、あの形の脚は「バランス」だって違います。
そういう細かな体格差までを指導できる人のもとで、身体を作り変えることはできないのでしょうか。
(そーいや、JOで見たロシアっ子たちは、揃いも揃ってエックス脚でべっくらしたなぁ!)
とはいえ、浅田選手の決めることですから。
お酔っ払いのたわごとと受け取ってください。
真央ちゃん、素敵な演技を期待してます!


※たわごと、おまけ。ゼレンスキーがNYCBに移籍したときはひっくり返ったわ。本人的には良かったみたいだけど、ファンとしてうーんな古林でした。


来年のはなし。
とりあえず、行ける日程で四大陸に行きます!
そして国別対抗戦に行きます!
東京選手権は、多分、行きます。日程が合えば、西日本選手権も!
チケットが取れれば、NHK杯(大阪)、GPF(名古屋)、全日本(たまアリ???)と行きたいです!!!
チケット、ください。

51wn9c4tibl__sx381_bo1204203200_

↑買った?当然、勝ったよね?古林、2冊getした。amazon




3 ジャイアンツのこと


はー、ジャイアンツさん、来年は投手をなんとかしてください。
何とかしないと、多分、今年と同じです。
ドームに行くので、頑張ってください。



4 つぶやき


10月に職場の異動辞令で、責任のしかかる職場に移りました。
お陰で、定時が22時とかふざけた勤務状況です。(朝8時半~)
皆さん、休日出勤は当たり前という職場で、バレエだフィギュアスケートだと、そうそう予定をぶっちーすることもできず、悲しい状況です。

でもっ!負けちゃいけない!!!


出来る限りだけど、好きなことをするって、生きる活力になります。
辛いことがあっても、頑張れば!と思える。
嘆いても、怒っても、それでも、「好き」って思うことがあると、それだけで幸せな気持ちに方向転換しようと思えるんです。


不思議です。


「好き」って思うと、そう思っている人たちと出会えるんです(当たり前?)。
その思いが通じて、とても楽しい時間が得られるんです。


今年も素敵な方々に出会い、大変お世話になりました。
本当に楽しく、嬉しかったです。

今年もこのご縁が続きますように。
そして、今までも、これからも「好き」な仲間が増えて、幸福が増えますように。


来年もどうぞ宜しくお願いします。


2017年が、あなたにとって、良い1年でありますように。


















追伸:ここ何回か分のブログの誤字を直してます。更新情報を仕掛けてある方、ごめんなさい。そういうことですm(__)m

    

« 全日本フィギュアスケート選手権(12/24) | トップページ | 書き(描き)初め »

スポーツ」カテゴリの記事

バレエ(見るほう)」カテゴリの記事

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493977/69066985

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年おおつごもり:

« 全日本フィギュアスケート選手権(12/24) | トップページ | 書き(描き)初め »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ