最近のトラックバック

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

Kバレエ・カンパニー『海賊』@オーチャードホール(5/26)※追記あり

↑何故か会場に、今日の公演のポスターがなかったので。代用。

この日のフィギュアスケートのFaOI公演のチケットが取れなかったので、半ばヤケでバレエを見に行く😅

楽しかったです!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』公演!!!

あれ?違うか😅

詳細は後日。(の予定)




<6/14追記↓>

メドーラ : 中村祥子
コンラッド:遅沢佑介
アリ:伊坂文月
グルナーラ:小林美奈
ランケデム:堀内將平
ビルバント:西口直弥
サイード パシャ:スチュアート・キャシディ
ギリシャの少女達:井上とも美 / 松岡恵美/ 井平麻美/ 岩渕もも/新居田ゆり/ 辻久美子 / 萱野望美/ 盧文伊
海賊の男達: 石橋奨也/ 栗山廉 /井澤諒/ 篠宮佑一 / 杉野慧/ 山本雅也 /益子倭 / 本田祥平 / 奥田祥智 /佐野朋太郎 /田中勇人/ 和田瞬/ 矢野政弥

【第 1 幕 2 場 (市場) ActⅠ Scene2 (Market)】
  物乞い:湊まり恵 / 酒匂麗

【第 2 幕 1 場 (洞窟) ActⅡ Scene1 (Cave)】 
パ・ド・トロワ :第 1 ヴァリエーション 吉田このみ
第 2 ヴァリエーション 戸田梨紗子
第 3 ヴァリエーション  矢内千夏
鉄砲の踊り:山田蘭/國友千永/ 大井田百/石橋奨也/ 栗山廉

パシャの夢の中の娘たち / トルコ軍 / 市場の住人達 / 女奴隷達 / 金持ち達 :
Artists of K-BALLET COMPANY


芸術監督/演出/再振付/台本改訂:熊川哲也
原振付:マリウス・プティパ
音楽:アドルフ・アダンほか
舞台美術・衣裳:ヨランダ・ソナベンド/ レズリー・トラヴァース
照明:足立恒
指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー
第 1 幕 50 分 ~ 《休憩 25 分》 ~ 第 2 幕 60 分




幕が開くと、そこは地中海。
荒くれ者の海賊(首領はコンラッド)が収獲を得て航海中。
そこへ嵐がやって来て、難破してしまう。
流れ着いたギリシャの島で、コンラッドは美しいメドゥーラに出会い、恋をする。

   ***

お馴染みのバレエ『海賊』ですが、熊川版は一味違うのです。
荒唐無稽な『海賊』のお話が、なんと!スぺクタクルなストーリーとして展開します。

   ***

トルコ軍に連れ去られたメドゥーラはグルナーラと共に奴隷市場で売られるが、コンラッドがメドゥーラを間一髪で救い出し、故郷の島へ凱旋する。
しかし、分け前のいざこざから仲間であるビルバンドの裏切りにあい(つか、ここね、メドゥーラにぞっこんのコンラッドに嫉妬感が見えるのよheart02)、メドゥーラは再び連れ去られる。
再び、メドゥーラを追うコンラッド。
一方、メドゥーラはパシャの館でグルナーラに再会する。
コンラッドはパシャの館でメドゥーラを救い出したが、ビルバンドはコンラッドにピストルを向ける。
しかし、その時に飛び出したのは、奴隷のアリ(奴隷なのに、奴隷なのに・・・heart02)。
アリは撃たれて死んでしまう。そして、コンラッドは裏切り者を・・・。

次の場面は、コンラッドとメドゥーラは船に乗って旅立つシーンで了。



要するに「パイレーツ・オブ・カリビアン」ですねー。
そして、コンラッドをめぐる、ビルバンドとアリの、男の愛を勝ち取る物語でもあるのです(と、見えたsweat02)。


ま、妄想はさておき。
綺麗に話が整理されてしまっているので、スペクタクルとしてとっても楽しめます!
(もっとも、バイロンの詩のイメージはとーんとなくなるけど)


男性ダンサーの踊る、踊る、踊る!!!!!
ことといったら半端じゃないわーーー!!!!!

見ないとわからないと思うけど、男子バレエ・ダンサーで踊れる年齢だったら、絶対、これ踊りたいよね?って思うんですよ。
ハードだけど、踊り甲斐がある作品だと思います。

なので、女子は若干目立たずになります。
でも、グリナーラを踊った小林美奈さんは、ホント、上手いわ。
テクニックが半端ないです。

中村祥子さんは、前半、抑えてペース配分をしていた感じでした。
パ・ド・ドゥが終わったあたりで、本調子が出てきましたね。
熊川振付は難しいので体力配分も大変なのでしょう。
華があり、しなやかな姫な感じのメドゥーラで、男子の好みですよね。

コンラッドの遅沢佑介さんも、見せ方といい、申し分なし。
ジャンプ、高いっすねー。びっくり~。
遅沢さん、こういう役の方が絶対映えますね。

役付きから群舞まで、エネルギッシュでプロフェッショナルで素晴らしい。
どれだけリハーサルをしたら、このレベルと雰囲気を出せるのか。
カンパニーのレベルの高さを実感しました。


そして、今回は音楽も素晴らしかった。
ドリゴの曲だけでなく、かなり違う作品の曲を入れて、踊る場面を増やしています。
聴き間違いでなければ、ドリーブだけでなくプーニの曲も入れている?
(あやふやなのですが、エスメで聴いた気が???)
そして、Kバレエならではでしょうが、編曲もされていて楽しめました。


とーっても面白いバレエに仕上がっているので、バレエを見たことがない方に是非見てもらいたいです。
きっと、楽しめると思います。
(コンラッド=ジャック・スパロウだと思ってくださいgood

まー、その前に古林はDVDの購入を決めました!
(今までなぜ買わなかったのか?・・・それは高いからw)
くまくまくんのアリだ~!ハズレはないわね。

91rdxxzewl_sl1500_1
画像はamazonからお借りしました こちら

薔薇園に行って来ました

薔薇園に行って来ました🌹





今日は良い天気過ぎて、カンカン照りだったけど、





お花ちゃん、元気!







300円で参加出来るリース作りもして来ました。

(ちょっと出来栄えがアレなので、写真はパスで💦)

イングリッシュ・ナショナル・バレエ2017日本公演出演予定 アリーナ・コジョカル降板





同バレエ団公演に出演予定だったアリーナ・コジョカルが、妊娠による降板というお知らせが来ました。

古林はコジョカル主演の7月17日の『海賊』のチケットを取っていましたので、ちょっと残念。

でもねっ、

コジョカルjr誕生

ですからheart

可愛いと思うわ〜💕
jr楽しみ〜💖

母として充実した時間を過ごしてください。


代役は、マリア・コチェトコワなので新たに楽しみとしよう!


NBSさん、いつもこのようなおハガキありがとうございます。
仕事がなかなか終わらない古林としては、家に帰ってもゆづチェックしか出来ないので(こらこら)、アナログ通知は大いに助かります。

ハガキ代が値上がったら、このサービスも無くなるかも?
いやいや、そんな味気ない世の中は嫌だなあ。

昭和なつぶやきでした。




第28回 バレエの祭典





NBSからお知らせが来ました。
今回は、世界バレエフェスとハンブルク・バレエ、シュツットガルト・バレエがラインナップされているだけでも、そそりますね💕


ま、先立つものがありませんが😓





今回もバラで購入ですね。



それより、古林にとって最大の難関は、

ハンブルク・バレエ公演が、オリンピックに丸かぶりしそう

だってことです😱


だ、ダメよ。

古林は、平昌にゆづの応援に行くの。

万難を排して行くの💦



なんで2月なの!?

椿姫もニジンスキーも観たかったわ💧💧💧


はああ、悩ましい😬

今年も植えたよ^_^





今年も雑な農業を始めましたheart

ナスとトマトです。


午後から雨になる予報なので、慌てて最寄りのJAへ苗を買いに行く雑さで・・・どーもすみませんsweat01


時間が無いので、日中植えでごめんねsweat02

育ってくださいね。

新国立劇場バレエ『眠れる森の美女』(ゲネ)@オペラ劇場

会員特典で応募したゲネプロ招待に当選!
5/4に行って参りました。


エントランスで、順不同で座席指定されます。


古林が滅多に買わない、S席サイド席です。
(いつも2階以上なんですよね~sweat02


配役は、な・なんと!米沢さんとムンタギロフでした!!!
これは、明日のキャストですねheart04



配役は、(古林は人の顔を覚えるのが苦手なので、大雑把でごめんね)


オーロラ姫:米沢唯
デジレ王子:ワディム・ムンタギロフ

えーっと、リラは、だれ?木村さん?
リラの精:木村優里  (←5/5確認しましたcatface
カラボス:本島美和

井澤駿さんは、序幕では妖精と組んで踊っていましたし、1幕では、花婿候補の一人でした。さすがに3幕は出ていなかったと思います。
八幡光顕さんは、1・2幕で花のワルツと王子の狩の場で農民の踊り、3幕では親指トムでした。

フロリナ王女:小野絢子
青い鳥:福岡雄大

すみません、こんなところでお許しを。。。coldsweats02
違っていたら、明日、以降に修正しますね。




実は古林は、以前もゲネプロ招待に当選したことがありますが、その時は、本当に舞台と同じ進行での通しでしたが、今回のゲネプロは、オケの「ダメ出し」があり、いつもよりじっくりとしたリハーサルでした。

1幕ごとに15分のオケの修正を行い、初日に備えていました。
すんごく細かくて、バイオリンが刻むリズム部分のボリュームなども指揮者から繰り返し指示が出ていました。
きっと、明日は素晴らしいオケになっていることでしょう!(希望heart01


バレエの方は、群舞の仕上がりがかなり良かったです。
2幕の「森」では、かなりアームスを揃えるのが難しい部分もありましたが、初日前にここまで揃っていればOKだと思います。

それと、爪先がみなさんきれいなこと!


米沢さんは、上半身がすうっと伸びていて、しなやかさが増していました。
なんだろう、「自信」というのかな?
以前の「鉄壁の姫」の感じから、女王の風格が出てきたというか。
今シーズンは、米沢さんは賞もいただいて、また、先日の現代バレエでも見せたようなバレエの幅も見せ、飛躍のシーズンでした。
それがこの「風格」につながっているのかもしれません。


ムンタギロフは、ゲネなので、3幕に入ってからは力をセーブしていましたが、体の線も綺麗で、さすが英国ロイヤルの王子様よねぇ、と感じました。
本番では、ばんばん跳んで、ザンレールのあとの5番はドヤ顔で決めてください。


3幕のフロリナ王女の小野さんは、存在感が半端ないですね。
本日は、形をなぞっている感じで流していましたが、それでもキメてきますからね。


八幡さんが珍しく、パでずっこけたのはご愛敬でした。
跳びすぎなんだと思いますcoldsweats01
怪我には気を付けてくださいね。




と、言うわけで。



明日の初日は期待です!


だがしかし!古林はチケットがなーい!
(バカじゃないか、馬鹿じゃないか、馬鹿野郎です・・・weep


とりあえず、当日券を狙ってみます。





あ、ちなみに、本日は14:00開始、終了18:00でした。
オケの修正分だけ長くなっていました。
満足、満足lovely






【追記】
5/5当日券争奪戦に敗れました。。。
とりあえずS席が数枚出た模様。
取れなかったけどsweat01

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »