最近のトラックバック

« 世界バレエフェスティバル<Aプロ>@東京文化会館(8/5) | トップページ | コミケ94参加のお知らせ »

世界バレエフェスティバル<Bプロ>@東京文化会館(8/10)



金曜日のBプロに行って来ました!
楽しかった~~~!!!



第15回 世界バレエフェスティバル Bプログラム 8/10(金)





― 第1部 ー


「眠れる森の美女」



振付:マリウス・プティパ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:オレシア・ノヴィコワ&デヴィッド・ホールバーグ

「ムニェコス(人形)」



振付:アルベルト・メンデス
音楽:レムベルト・エグエス
出演:ヴィエングセイ・ヴァルデス&ダニエル・カマルゴ

「ソナチネ」



振付:ジョージ・バランシン
音楽:モーリス・ラヴェル
出演:レオノール・ボラック&ジェルマン・ルーヴェ

「オルフェウス」
振付:ジョン・ノイマイヤー



音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー、ハインリヒ・ビーバー、ピーター・プレグヴァド、アンディ・パートリッジ
出演:シルヴィア・アッツォーニ&アレクサンドル・リアブコ

ローラン・プティの「コッペリア」
振付:ローラン・プティ



音楽:レオ・ドリーブ
出演:アリーナ・コジョカル&セザール・コラレス





― 第2部 ―




「シンデレラ」
振付:ルドルフ・ヌレエフ



音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
出演:ドロテ・ジルベール&マチュー・ガニオ

「HETのための2つの小品」



振付:ハンス・ファン・マーネン



音楽:エリッキ=スヴェン・トール、アルヴォ・ペルト
出演:タマラ・ロホ&イサック・エルナンデス

「白鳥の湖」より 第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ



音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:アシュレイ・ボーダー&レオニード・サラファーノフ

「椿姫」より 第2幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー



音楽:フレデリック・ショパン
出演:アリシア・アマトリアン&フリーデマン・フォーゲル






― 第3部 ―


「ロミオとジュリエット」より 第1幕のパ・ド・ドゥ



振付:ケネス・マクミラン



音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
出演:メリッサ・ハミルトン&ロベルト・ボッレ

「ジュエルズ」より "ダイヤモンド"



振付:ジョージ・バランシン
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:ミリアム・ウルド=ブラーム&マチアス・エイマン

「マノン」より 第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン



音楽:ジュール・マスネ
出演:アリーナ・コジョカル&ヨハン・コボー

「アポロ」
振付:ジョージ・バランシン



音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
出演:サラ・ラム&フェデリコ・ボネッリ

「椿姫」より 第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・ノイマイヤー



音楽:フレデリック・ショパン
出演:アンナ・ラウデール&エドウィン・レヴァツォフ



― 第4部 ー

「じゃじゃ馬馴らし」
振付:ジョン・クランコ



音楽:ドメニコ・スカルラッティ
編曲:クルト・ハインツ・シュトルツェ
出演:エリサ・バデネス&ダニエル・カマルゴ

「ヌレエフ」より パ・ド・ドゥ
振付:ユーリー・ポソホフ



音楽:イリヤ・デムツキー
出演:マリーヤ・アレクサンドロワ&ウラディスラフ・ラントラートフ

「アダージェット」
振付:ジョン・ノイマイヤー



音楽:グスタフ・マーラー
出演:マリア・アイシュヴァルト&アレクサンドル・リアブコ

「オネーギン」より 第3幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・クランコ



音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:アレッサンドラ・フェリ&マルセロ・ゴメス

「ドン・キホーテ」
振付:マリウス・プティパ



音楽:レオン・ミンクス
出演:マリア・コチェトコワ&ダニール・シムキン


指揮:ワレリー・オブジャニコフ、ロベルタス・セルヴェニカス  
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
ピアノ:フレデリック・ヴァイセ=クニッテル(「ソナチネ」「椿姫」)





◆上演時間◆
第1部 14:00~15:05
休憩     15分
第2部 15:20~16:05
休憩     15分
第3部 16:20~17:10
休憩     10分
第4部 17:20~18:20


「ムニェコス(人形)」はとてもかわいい作品でした。子供が「夜、人形は何をしているんだろ?」と想像して楽しむ感じを思い出しました。なつかしいheart04

「HETのための2つの小品」はエルナンデスの透け衣装が衝撃的!全身黒透け衣装でパンツ部分だけ黒パンツかい。透けろーってどこかで聞いたなあ(笑)。いい体してるわあ。





「椿姫」2作品はどちらも甲乙つけ難し。
フォーゲルのピュアであま~いアルマンも良いので、このまま黒のPDDも見たい。
レヴァツォフのアルマンは決定版。黒のPDDの解釈と表現は、古林比で現在満点です。

「アポロ」は、今回、サラ・ラムのを見て、初めて「美しくて感動的!」な作品と認識しました。
バランシン作品って、ある意味表現が難しいのかも???

「じゃじゃ馬馴らし」も楽しかった!

「ヌレエフPDD」ってポソホフ振付なんですねえ!現役時代を知る古林は、感慨深い。
内容も面白そうなので、次回、ボリショイ・バレエ来日公演の時に上演して欲しいなあ。(あ、ロシアへ見に行けばいいのか)

「オネーギン3幕PDD」ですが、うわー、フェリがタチヤーナを演じるとイタリアちっくですねえ!ゴメス演ずるオネーギンの没落ぶりも、もう初老なのに不治の中2病みたいで絶品!いやー、イタリア・オペラでしたねー!フェスにふさわしい出来!

ラスト「ドン・キ」!フェスらしく華やかに終了。
みんな「ドン・キ」で騒ぎたかったのよ。待ってたわ!
コチェトワは高速ピケで32回転でしたね。久々にこの形で見ましたが、面白かったです。


次は、来週のガラ(ササキ・ガラ)です。
楽しみです。
ファニー・ガラもあるので、翌日は休暇取って万全体制で臨みますshine







« 世界バレエフェスティバル<Aプロ>@東京文化会館(8/5) | トップページ | コミケ94参加のお知らせ »

バレエ(見るほう)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/493977/74018389

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バレエフェスティバル<Bプロ>@東京文化会館(8/10):

« 世界バレエフェスティバル<Aプロ>@東京文化会館(8/5) | トップページ | コミケ94参加のお知らせ »