最近のトラックバック

バレエ(踊るほう)

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(8/5)

8801

知人に勧められて見に行って来ました。

セルゲイ・ポルーニン。
実は、古林の記憶にあまりなく・・・。
すみません、何年バレエ・ファンやってるのかと思いますよね~sweat02
2010年の英国ロイヤル・バレエ公演で来日してました。
『マイヤリング』の高官役・・・で見てました・・・。
主役のワトソンに気を取られていて、記憶が・・・。


懺悔、終了。



映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(予告編)https://www.youtube.com/watch?v=Pk0czzcGIeU
※予告編なので、リンクが切れたらごめんなさい。

映画は、ポルーニンの幼少期から、現在までのドキュメンタリーです。

バレエの才能の開花。
それとともに壊れていく家族の絆。
バレエの目的を失い、迷走する精神。

傷つきやすく、愛に飢えた精神は、度を越した行動にも発展。
体中の入れ墨、麻薬。。。

そんな中でもバレエのキャリアは高まっていく。
最年少で英国ロイヤル・バレエのプリンシパル(最高位)になったにも関わらず、22歳でキャリアを捨て、ロシアへ。

英国ロイヤル・バレエでの栄光は、ロシアでは塵にも等しく、TV番組で自らを売り込むしかない。
(「ビッグバレエ」というバレエ・オーディション番組がロシアにはあるらしい。羨ましい。しかも審査員にマラーホフという豪華さshine

ロシアの人望ある芸術監督であるイーゴリ・ゼレンスキーに呼ばれ、ロシアでのキャリアも重ねていく。
(実は古林は、ゼレンスキー目的で見に行ったんですけどねheart04

しかし、ポルーニンは、ロシアの生活にも飽いてしまう。


やがて友人に依頼したバレエ作品がYouTubeで注目された。

8802
Sergei Polunin  in 'Take Me To Church'   
https://www.youtube.com/watch?v=LNkOhArBcc8
※映画では、日本語字幕が入っていますが、こちらの映像にはありません。

この作品が大ヒット!
彼は世界中から再び注目を集めるようになる。


ラストでは、家族とも和解し、28歳になった彼は新たな人生を踏み出していく。




物語の前半は、正直、恵まれた才能を持ちながら、自分は不幸だと思う若者の物語です。
若者は得てしてそうなのかもしれませんけど。
傷つきやすい性格というのが、考え方を内向きにし、何か心の中に澱が沈んでいくかのよう。
澱の発散方法も、反社会的は方向に向かっているのが、やっぱり「青春」。


後半は、溜まっていた澱をどこかにぶちまける方法は、やはりバレエであったという。

'Take Me To Church'   素晴らしいです!
彼はワガノワ・メソッドと英国ロイヤル・メソッドの二つを習得しているわけですが、基礎がどうのとか、そういうことは抜きにして、素晴らしい作品。
バレエの型と型からフラット・バランスに移る流れが、まことに美しい。
またその逆の動きもです。

彼は、精神面を表に表すことができるダンサーですね。
エネルギーがほとばしる。
動きの緩急においても、コントロールというより、エネルギーの強弱が透けて見えるかのよう。

20代の今だからこんな表現ができるのかもしれません。


いずれ、年月を経て、自在に動きをコントロールできるようになったら、この表現はないかもしれない。

それはそれで素敵なものが見られそうですけど。

できればバレエを辞めずに、踊り続けて欲しいです。



ラストの方で、母親に幼いころのことで自分が傷ついたことを話すシーンは秀逸。
古林は、このシーンが一番好きでした。
彼は自分の気持ちを整理して話すことができた。
悲しみを断ち切れると思ったから言葉にできたのだと思いました。

きっと、彼は「愛する」ことの素晴らしさも、いずれはバレエ作品で届けてくれるでしょう。
そうあって欲しいです。






余談ですが。

実は、この映画を見に行く前に、世界フィギュアスケート選手権2016のEXを見ていました。
そう、ゆづの『レクイエム』です。

20170808_10_2

Yuzuru Hanyu 羽生結弦 EX 2016 World Championship Boston   
https://www.youtube.com/watch?v=CgQLeHAhkDc


このとき、ゆづはFSで崩れて総合2位。
原因は負傷(リスフラン靭帯損傷)によるもの。
その事実を隠したまま参加したEXでした。

何かを発散するような、叫ぶような演技は、彼の心だったのだろうなと思います。

20代。
気持ちを身体で表現することが、素直にできる時期なのかもしれない。
ボストン・ワールドの『レクイエム』は、別格の出来であったと思います。

天才の語らぬ言の葉は、ほんに極上の美であったことよ。





※画像はお借りしています

発表会シーズン到来!





発表会の多いシーズンになりました。
今年も知人の発表会に何回か行く予定です。


今日は20年来のバレエ仲間がパ・ド・ドゥを踊りました。
お仕事しながらリハーサルを重ねて、本当に頑張ったと思う。
上半身もしなやかに伸びていて、素敵でした。


いいな。
見てると自分も踊りたくなる。
元気をいただけた魔法の時間でした。

新国立劇場ダンス公演『ベートーベン・ソナタ』





ブログお休み中ですが、余りにも素晴らしかったので一言だけ❣️



新国立劇場ダンサーのレベルあっての作品。
これだけのプリンシパル・ダンサーが出演する公演はないので行ったのですが、期待以上でした。

首藤康之さんの、素敵な声も堪能❤️
綺麗な男は、綺麗に老けるのね〜💖
もう、居るだけで目が行ってしまう存在感は半端ないです。
新国立ファンの人たち、首藤さんにもブラボー叫んでよ。



先週、POBガラでミルピエのとんでも『ダニフス』見たあとの口直しをしに行ったのですが、いや、予想以上の舞台で気分upしました。

ハンブルク・バレエ団公演『ガラ』<ノイマイヤーの世界>(3/9)

【ノイマイヤー語録】ハンブルク・バレエ団公演『ガラ』(3/9)
↑やっぱ、いい公演を見た時は乾杯よね!

平日に『ガラ』やるのってどういうこと!?
んもー、仕事をまいてまいてまいて!、頑張って行って来ましたよ~!

とても素敵な公演でしたっ(^O^)/

ジョン・ノイマイヤー「京都賞」受賞記念 

ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉

振付・演出・ナレーション:ジョン・ノイマイヤー

※『作品100-モーリスのために』以外すべて抜粋上演。



【第一部】

『キャンディード序曲』
(『バーンスタイン・ダンス』より)
ロイド・リギンズ、レスリー・ヘイルマン、
有井舞耀、コンスタンティン・ツェリコフ、
菅井円加、カーステン・ユング、ほか


『アイ・ガット・リズム』
(『シャル・ウィ・ダンス?』より)
シルヴィア・アッツォーニ、
アレクサンドル・リアブコ、ほか


『くるみ割り人形』
フロレンシア・チネラト、ロイド・リギンズ、
アンナ・ラウデール、アレクサンドル・トルーシュ


『ヴェニスに死す』

ロイド・リギンズ、カロリーナ・アグエロ、
アレクサンドル・リアブコ


『ペール・ギュント』
アリーナ・コジョカル、カーステン・ユング


『マタイ受難曲』
ロイド・リギンズ、ダリオ・フランコーニ、ほか


『クリスマス・オラトリオⅠ-ⅤⅠ』
ロイド・リギンズ、パトリシア・フリッツァ、
レスリー・ヘイルマン、クリストファー・エヴァンス、菅井円加、レナート・ラドケ、ほか


【第二部】

『ニジンスキー』
アレクサンドル・リアブコ、エレーヌ・ブシェ、アレッシュ・マルティネス、
パトリシア・フリッツァ、ロイド・リギンズ、ほか


『ハムレット』
アンナ・ラウデール、エドウィン・レヴァツォフ


『椿姫』
第2幕のパ・ド・ドゥ
アリーナ・コジョカル、アレクサンドル・トルーシュ

『作品100-モーリスのために』
アレクサンドル・リアブコ、イヴァン・ウルヴァン


『マーラー交響曲第3番』
シルヴィア・アッツォーニ、
カーステン・ユング、ほか

こちらの公式サイトから本日のキャストが確認できます。

今回のこの公演は、キャスト一覧からではわからないと思いますが、実は一つの作品になっています。

 ノイマイヤーの自分史 → ノイマイヤーの世界

ということです。

手法はいたってシンプルで、冒頭にノイマイヤー本人が登場し、自らの半生、仕事、哲学、未来…を、繋ぎに自らの朗読をはさみながら作品を上演していくという手法です。
ベジャール版『くるみ割り人形』の手法を思い浮かべていただければ分かり易いと思います。
ラストにまたノイマイヤーが登場し、「私」という一人称で語った作品が完結します。

構成を記しておきます。
(古林の見方なので、違っていたらごめんなさい。)

【第一部】

ノイマイヤー自身が、舞台に登場。
(ダンサーとしての狂言回しのリギンズに、途中でバトンタッチ)

『キャンディード序曲』
『アイ・ガット・リズム』

上記2作品は、ダンスが大好きだったジョンの少年時代の気持ち。
レコードをかければ、リビングがステージ。

『くるみ割り人形』

タップダンス、アクロバットと習わせてもらったけれど、一番習いたかったのはダンス(バレエ)。
初めてバレエを習った気持ちは、初めてトゥシューズを贈られた『くるみ…』のマリーのよう。
バーに手を置けば、ダンサーに…。

『ヴェニスに死す』
『ペール・ギュント』

ノイマイヤーの作品作りについてのこだわりについて。
肉体と感情、物語を表現する際の手法について考察。

『マタイ受難曲』
『クリスマス・オラトリオⅠ-ⅤⅠ』

ダンスの可能性。
信仰について、ダンスを用い表現することについて。

【第二部】

『ニジンスキー』

偉大な舞踊家ニジンスキーの半生をバレエ化した作品から。
ダンスの世界を形造ってきたダンサーからインスピレーションを得ている。
(た…多分、この場面は、第2幕の狂気の世界に捕らわれたニジンスキーと現実の世界にいる妻・ロモラのアダジオだと思う。昔、1回だけ見ただけなので超うろ覚えsweat01

『ハムレット』
『椿姫』

「愛」の形を表現することについて。
古典名作からインスピレーションを得た作品から。
ハムレットとオフィーリア、マルグリットとアルマンの幸せな時間の表現。

『作品100-モーリスのために』

題名の如く、モーリス・ベジャール70歳バースデイ記念作品。
男性2名によるPDD。(←いかにもベジャールぽい?)
様々な人との交流について。

『マーラー交響曲第3番』

パンフを見ると、この作品の「男」は、ノイマイヤー自身でもあるらしい。
ダンスは自分の一部。愛するが故に苦しむこともあるが、けれど犠牲とは感じない。
そして、喜びは大きい。
ダンスこそ我が世界。

(再び、ノイマイヤーが後ろ向きで中央に登場)

「愛」を表現する女性ダンサーが舞台を横切り、ノイマイヤーが「愛」の姿を追って振り向く。

以上です。

感想として、良くできてます!(うっわー、目線高杉sweat02
『モーリス…』以外は全部抜粋ですが、それがかえって飽きなくてよろしいかと(ますます高杉)。
こうして並べると、各作品のアイディア豊富っすよねー。
そのアイテムをうまーく使いながら、自分ワールドでスピンオフ作品を作っちゃった感じですよね。

個人的には、第1幕の子供の頃の話がいいなーと思いました。
ノイマイヤーは、子供の頃バレエにあこがれていたけれど、最初に習ったのはタップダンス、次はアクロバットだったんですね。
どおりで、現作品もバレエの動きとは違ったものが入っている。
シルク・ドゥ・ソレイユではありませんが、芸術的なサーカスがあるように、ダンスにもアクロバット的要素が入ってきてもおかしくない世界になったのですね。
ノイマイヤーの表現の多彩さはここから来たのだと納得。


そして今回気付いたのは、ノイマイヤーの「音楽性の鋭さ」です。

見ていると、ひとつひとつの音が見えるようなのです。
なんつーか、振り付けが「濃い」んです。
ダンサーの力量ももちろんあると思いますが、どちらかというと振付のなせる技かな。また、選曲眼についても素晴らしいと思いました。
普段からものすごい努力をしているのだろうなと(目線、高杉coldsweats01)。
個人的には『椿姫』のショパンは大好きです(まー、コレきっかけでフィギュアスケートにすっころんだのかも?)。
久々に聞いた『マタイ…』のバッハも良かった!

うーん、うーん、わかりにくい例えで申し訳ないけど、フィギュアスケートのプログラムで言ったら「豊富なトランジションからの技術(ジャンプとか)と、スケーティングスキルおよび音楽と振付の融合性が高い」みたいな?
(こらこら、やめなさい~笑)



仕事をまいてまいてまいて行きましたが、この公演は素晴らしかったです。
同じ思いの方は多かったのか、平日のガラにもかかわらず、お客の入りは8割位でした。
皆、駆けつけたのね!
はー、堪能いたしました!!!

あとは、日曜日の『真夏…』に行きます。
またまた楽しみますよ~。

久々にTOMON

久々にTOMON
↑久々に行きました。

最近、ポアントはグリシコのプロフレックスを履いています。
軽くて、底も薄くて、お気に入り!

けど、へたれバレエとはいえ、3ヶ月も履くとダメになってきて。。。
プロフレックス自体、割と消費しやすいポアントなのですが。

それに、シルビアで買った今のものは4XXでしたが、履いていて少し尺が足りない感じ。

  4.5Xを試したい

がっ!こんな細幅を豊富に置いている店舗は少ない。

  あそこしかない。
  TOMON!!!

先日、Rクラスの細幅でお世話になったTOMONしか思い付きません!
電話したら、在庫があるっていう。
FaOIに行く前に寄れるかも?
そんな成り行きで行って参りました。

実はTOMONに行くのは、実に10年ぶりくらい。
行ってびっくりだよ。

  大塚駅前、変わっててわからーん!

よく見ると面影はあるけど、もっと駅がしょぼかった気がする。
TOMONのHPに目印が書いてあり、これがすんごくわかりやすいため、迷わず到着。
TOMONの佇まいはちっとも変わっていませんでした。
中に入ると綺麗になっていましたけど。

お目当てのX幅のプロフレックスは沢山あり、ヴァンプの長さも確認して購入♪
お値段もお安くて良かったです。

さあ、これからリボンをつけなければ。
ポアントって、手間のかかる子ですね。

身体がぁあああ~!!!

久々にバレエのおはなし。

今度、レッスンでVa.を1曲踊ることになりました。
で、昨日初めての練習があったわけですが、

  全身、筋肉痛!!!

になりました…。

普段、どんだけなまくらな生活をしているのか実感しました(;ω;)

スポクラで2日に一度位のペースで筋トレしているのになぁ。
バレエ・レッスンを毎日やった方が、身体が鍛えられるのかもしれませんね。

バレエ、恐るべし!

小林十市さんのレッスン& トークショー

小林十市さんのレッスン&<br />
 トークショー

1年ぶりに小林十市さんの大人向けレッスンに参加しました。
今回は「中級」に参加なので、ドキドキ。
なんせ『永遠の初心者』ですからね。

バーは、いたってオーソドックスでした。
勿論、順番は覚えなきゃならないけどこんがらかるものはありませんでした。 (ま…間違いはあったけどさー(;_;))

センターは、割と好きなアダジオを『マノン』の曲で踊れたのは楽しかった♪
…で、不得意なジャンプで引っ掛かる…と(*_*)

まあ、いつもの通りじゃ…。

レッスン後、1時間ほど空けて、
小林十市さんのトークショーが始まりました。

内容は、
・南仏(オランジュ)に移住した1年間のこと
・東京での舞台のこと
などでした。

大抽選会もあり、商品は、Tシャツ、『M』の時に使っていたシューズ、ツーショット写真でした。
私は1番違いでツーショットが当たらなかったなぁ。

そして最後に集合写真を撮りました。

小林十市さんに見送られ(+プレゼント付き(^O^))、イベント終了!!!

握手していただきましたが、しっとりとしていて感動。
マメにお手入れしているのかも?
うふふ。

軽食とドリンクも豊富にあり、とっても満足なひとときでした。
(シャンパンのお振る舞いがあるなんて感激〜〜〜(#^.^#))

マーティのクリスマス・ワンダーバッグ

寒いですね!
今日は朝から調子が悪くて、仕事も早引け、バレエ・レッスンもお休みしてます(沈没中)

あまりに暇なので、ネットを見ていたら、バレエショップのマーティで、12/3からクリスマスのハッピー・バッグを販売してました。
見つけたのが今日なので、デザイン・レオタードは一部完売でしたけど。


どうしようかな?と思ったのですが、10,800円でレオタード2枚、タイツ類、アウトソックス、トップスかボトムス、ポアントケースが全て『選べる』セットは、某大手メーカーよりはずれがないかもと思い、ポチッと(^_^)


届くのが楽しみでーす!!!

踊って、呑んで、あがりは甘味!

踊って、呑んで、あがりは甘味!

うっふっふ♪
某おえかき繋がりの都さんから、結婚式記念イベントのバレエ・レッスンに誘われました!
生ピアノ・レッスンという贅沢さ!!
なんと、初めてリラの精の振りでちょっとだけど踊らせていただけました〜♪

 楽しかったデス!

二次会は、結婚式DVDを見ながらの、飲み会!
美味しいおつまみと共に、美味しいワインもいただき、

 楽しかったデ〜ス!!

ほろ酔いで帰宅し、先週買っておいたデメルのケーキをいただく。

 美味しかったでぇーす!

今日は楽しい1日でした。
お誘いいただいた都さんと皆様に感謝♪
また、お会いしましょう。

発表会終了!

発表会終了!

バレエの発表会が終わりました!

膝の痛みで、しかも直前に半月板損傷が判明するなど、またまた色々ありましたが。
当日は、あっという間に終わりました。
ちょこちょこ間違えたし、ソロはへなちょこだったけど、久々に楽しい舞台でした!

自分で踊ると、プロの凄さがわかります。
秋からまたバレエ鑑賞シーズンが始まりますが、尊敬の眼差しで見たいと思います。

なにはともあれ!
少し足を労って、治そうと思います。
来てくださった方、ありがとうございました(#^.^#)